2011年 02月 27日 ( 4 )

苫小牧〜札幌〜東京

函館を出発し苫小牧に到着。コーディネーターの片山さんが出迎えて下さいました。各地で出迎えていただき本当に有り難い事です。 苫小牧では新しくできたSGホールというライブハウスで演奏。こけら落とし後の初めての出演者となりました。一時間半ほど演奏し、会場を後に別会場へ向かいました。この日は二回公演なのです。スピークイージーというお洒落なバーでのライブ。私は皆さんにかこまれての本当に間近な距離で演奏させていただきました。親密な濃密なライブでした。楽しい時間でした。 翌日は札幌へ。着いてまずグラスネイルのサロンに行って爪を整えてからライブハウスくうへ向かいました。くうという空間でのソロライブはなかなかの気持ちよい一時でございました。
東京に戻りグレコでのライブ。いつものお客様が駆けつけてくださりついつい旅の土産話をしてしまいトークの長いライブになってしまいました。楽しいライブでした。ありがとうございます。
[PR]
by spanishconnection | 2011-02-27 20:21 | 日記

-

b0181435_15162547.jpg

b0181435_15162519.jpg

仙台を夜の11:30に出発、北斗星に乗り込みました。予想はしていたが、寝台車は揺れます(笑)早朝6時半に函館着。フラメンコダンサーで今回のコーディネーターの麻貴ちゃんが出迎えて下さいました。朝早くから有り難い事です。雪は残っているが、快晴の函館は気持ちよい。昨年に要潤さんとの舞台、燃えよ剣をやらせていただいて土方歳三への思いが心に残り、以来函館に対する見方がいろいろと変わった。やはり無知無学な私ですが、日本の歴史を少しでも知っていこうと思う今日この頃です。
函館はラビスタという素晴らしいホテルのスペインレストランでの昼夜二回のコンサート。
麻貴ちゃんにパルマで参加していただきソロライブを盛り立てていただきました。男一人の舞台よりもやはり素敵な女性が隣りでお囃子してくれた方が良いに決まってるよね。 写真はホテルの部屋から撮った函館の風景です。
[PR]
by spanishconnection | 2011-02-27 15:16 | 日記

山の倶楽部

b0181435_12143292.jpg

水戸から東京経由で宮城の白石蔵王へ寄せていただきました。
朝起きると扁桃腺がかなり腫れあがり、これはマズいぞと医者に駆け込みました。知らず知らず疲れが溜まっていたのでしょう。薬をいただきますと、かなり楽になりましたが、今度は激しい胸やけになりました。おそらく薬が強く胃が荒れたのかもしれません。
新幹線で白石蔵王に着くと山の倶楽部のパパさんが笑顔で出迎えて下さいました。今日の会場は山の倶楽部という山荘でのコンサートです。遠刈田温泉という所にこちらの山荘はあるのですが、白石蔵王から車で40分ほど乗るてみるみるうちに雪景色になりました。こちらのオーナーご夫婦にはいつも温かく出迎いいただきなんだか親戚のお宅にでも来たような気分にさせていただきます。アットホームなコンサートをさせていただきました。演奏終了後、温泉に浸かり美味しいお酒と食事をいただきました。楽しい時間でしたが、この日はそのまま寝る訳には行きませーん。仙台から函館へ寝台列車に乗り込まなければならないのでした。
[PR]
by spanishconnection | 2011-02-27 12:14 | 日記

水戸

水戸にて2日間ライブとワークショップなるものをやらせていただきました。水戸の皆さんは本当に盛り上げて下さいます。ここで調子悪い演奏したなんて絶対言わせないよ!みたいな勢いで盛り立てて下さいますから。有り難いことです。 翌日ワークショップなるものを初めてやらせていただきました。自分が考えるジャズコードのアイデアを述べさせていただきました。私的にはいつも癖みたいになっている事なんでみんな知ってる事なんだろうと思い、今更何を言ってるんだろうこの人?みたいな雰囲気になるんじゃないかと内心ドキドキしておりましたが、意外に皆さん感心して聴いて下さいましたのでホッといたしました。 ワークショップの後は1人二曲ずつギターDuoセッションをさせていただきました。ジャズのスタンダードやジプシーギングス、クラシックギターのアンサンブルやオリジナルの弾き語りの伴奏までいろいろなスタイルの方がいらっしゃいまして思い思いに演奏して下さいました。楽しい時間でした。ありがとうございます。
[PR]
by spanishconnection | 2011-02-27 11:58 | 日記