天と地と

 「天と地と」のリハーサルが始まりました。主役の石丸幹二さん、私のような者が言うのもおこがましいのですが、凄まじく素晴らしい役者さんです!役作り、イメージ、台詞の言い回しなどを一瞬にして理解して即、演技にしてしまう。役作りの引き出しが無限にある感じがします。一を見て十を知ってしまうというのはこういう事なのか、という感じがしました。
 朗読活劇でご一緒させていただく役者さんはどの方も一流の役者さんで、本当に毎回いろいろと勉強させていただけます。この仕事にかかわらせていただける事に感謝いたします。
 今回も新曲を書き下ろしました。今回はフラメンコのコンパスを使った新曲はありません。台本の指定は「愛のテーマ」!!!!!!!
 爽やかで甘酸っぱい愛のテーマ、美しいが少し哀しい愛のテーマ と書いてありました。
爽やかで甘酸っぱい愛・・・・・随分と遠い昔の記憶を呼び起こさなければなりませんでした(笑) 
それから越後の子守唄を元にして虎千代(上杉謙信の幼少の名前)の子守唄も書きました。「ド」が付く程のマイナーなメロディーにマイナーコードをいっさい使わないでボイシングしてみました。

 11/3は素晴らしい舞台になると思います。是非ご覧あれ〜!
[PR]
by spanishconnection | 2012-10-30 06:40 | 日記